研修・セミナー講

師が企業・研修会社から『選ばれる力』 講師の大競争時代

に、エージェントのプロデューサーが教える「売れる講師」「選ばれる講師」になるための方法

執筆動機

なぜ、本書を執筆しようと思ったか・・・

「研修講師の世界は、とても分かりにくい世界だ」
これ が研修会社に10年以上在籍していて感じたことです。

「売れている講師と売れていない講師の差はどこにあるのか」

そんな研究から、本書の原点となる要素を、いろいろな講師を 見ながら、企業の研修担当者やエージェントへの声を元に追求してみました。

「売り込まないで、選ばれる」
「選ばれるための、キッ カケと判断材料を用意する」
「そのキッカケと材料を、効果的に伝達する」

この3つ行っていくための「マーケティング戦略」について本 書は、取り上げてみました。

講師の方々の活動にお役に立てれば幸いです。

店頭写真

本書のポイント

「話すスキル」の本ではなく、「選ばれる=依頼される」た めの講師本です

そのために必要な講師のスタンス、STP、マーケテ ィングについて14のポイントを語っています。

企業の担当者や研修会社担当者からヒアリングして書いた本 です

企業の人事部・研修担当者、研修セミナー会社からヒ アリングした顧客ニーズを基にしています。

企業研修やセミナーの意味や意義、その設計など講師が知っ ておくべき内容です

企業における研修ニーズや、研修の設計における留意 点、企業向けの提案書などについて語っています。

こんな方にオススメいたします!

研修講師

  • これから研修講師を目指す方
  • 高単価の講師を目指している方
  • オリジナルパッケージを持つ講師を目指す方
  • B2Cセミナーから、法人向けセミナー・企業研修 の講師を目指す方
  • 独立起業で、研修講師を目指す方

企業の研修担当者

  • 人事部、人材育成部等の担当者
  • 事業部の中で、研修の企画・運営を担当してる方
  • 企業内のトレーナー、社内講師の方
  • 教育だけでなく、採用・評価等の担当の方

研修会社の担当者

  • 研修会社の営業担当の方
  • 研修会社の研修プログラムや商品開発のご担当者
  • 外部講師の発掘・選定のご担当者
  • クライアントに、より受注率の高い研修企画を提供 しようとお考えの方

本書の全体構造と目次

全体構造と目次図

解

本書に出てくるキーワード

キーワード図解

著名講師からの推薦文

講師業 必読の書!

筆者の原氏は、私が講師として16年間に知り合ったエージェン ト数百人の中でも5本の指に入る逸材。その彼が講師業の本を書くと聞いて興味深々。原稿を読んだ 感想は「困るなあ。こんな本が出たら、ライバル講師が増えてしまうじゃないか」ということ。そう 感じさせるほど、ノウハウを惜しみなくオープンにしている。

私自身、講師業については、熟知しているつもりであったが、 本書を読み、ドキッとされられたり、反省させられることが多々あった。講師にとって、安定して稼 働を確保すること、単価を上げることは永遠のテーマであるが、その答えがここにある。

これから講師になろうと考えている人、既に講師としてデビュ ーを果たしている人、どちらの方にとっても良書です。

濱田講師

濱田秀彦 株式会社ヒューマンテック代表。コミュニケーション・コンサルタ ント。

1960年生まれ。早稲田大学教育学部卒業。大 手住宅メーカー関連企業に入社し、最年少支店長を経て人材関連企業に転職。トップセールスを記録 し、システム部門、経営企画部門のマネージャーを歴任し、1996年に独立。
現在は、コミュニケ ーション、プレゼンテーション等のセミナーを中心に活動している。今まで指導したビジネスパーソ ンは20,000人以上にのぼる。

濱田講師の著書:

濱

田講師の著書

目次

第1章 より選ばれる講師になろう!

  • 講師という役割・機能
  • 研修講師とは、「人気商売」である
  • 仕事を頼めない講師、続かないコンサルタントの例
  • 一番多い課題は、「一方的になってしまう」事
  • 研修・コンサルティングは“相手が買いにくい商品”である
  • 講師業は、「選ばれてする」仕事である。
  • 講師の鮮度が落ちると、仕事がなくなっていく
  • 「先生業」という「間違いや要望を指摘されにくい」立場
  • 講師/コンサルタントの業務は、自己成長の機会でもある

第2章 まずはこの業界を理解しよう!

  • まずは、この業界を知ることが、第一歩
  • 「セミナー」と「講演」「研修」の違いって?
  • 個人向けのセミナー・講演と法人向けの講演・セミナー・研修
  • セミナー・研修参加者の隠れた動機(インサイト)
  • 講師が登壇するステージは多種類ある
  • 業界の規模や構造を知る
  • 一番抑えておきたい存在「エージェント」とは?

第3章 セミナー/研修会社=エージェントを知ることの重要性

  • なぜ、講師が企業へ直接営業することが難しいのか
  • なぜ、研修会社/エージェントを通じて売れる必要があるのか?
  • エージェントのタイプを理解する
  • エージェントとの接点の作り方
  • 講師の提案書、研修プログラム、講師プロフィール、エージェントは ここを見ている
  • エージェント10社に聞いた「ちょっと講師依頼を躊躇してしまう講師 」トップ5
  • エージェントは、講師がここまでやってくれたら喜ぶ・もっとお付き 合いしたくなる

第4章 企業が欲しがる講師とは

  • 企業の人材育成ニーズ
  • 企業が、研修を発注する際に考える事
  • 企業が研修にかけている費用を再考してみると
  • 人事部・人材育成部門が企画する研修と、現場(営業、開発)の研修 の違い
  • 研修を企画発注される「担当者の気質」による違い
  • 企業研修に関わる多数の関係者と、その役割

第5章 選ばれる講師になるための「スタンス」

  • 講師に必要な「スタンス」と「マーケティング戦略」
  • 講師のあり方=「なぜ、あなたは講師をしているのですか?」
  • なかなか難しい「自責視点」
  • 講師が無くしがちな「謙虚なココロ、素直さ」
  • 「リードしていく強い役割」と「謙虚さ」の“バランス”
  • 「問題解決」視点での研修設計
  • 講師に必要な5F「Five Force」
  • 講師の受講生・企業への愛情

第6章 選ばれる講師になるためのマーケティング戦略

  • マーケティング戦略の全体像(STPと4P)
  • 絞り込むためのSTPの決め方とは!?
  • 講師の商品戦略(Product)
  • 講師の価格戦略 (Price)
  • 「高単価×低頻度」戦略、「低価格×高頻度」戦略
  • 高単価の講師となっていくためには!?
  • 講師の販促戦略 (Promotion)
  • 講師のチャネル戦略 (Place=channel)

第7章 これからの「選ばれる講師」に必要なこと

  • 講師の営業活動で注意すべき点は
  • 「自分がなぜ講師という仕事をしているのか?」一貫性と共感
  • 講師の自己研鑽
  • 講師の仕事の最終的な成果は?
  • 講師の下剋上が始まっている「研修講師の大選択時代」
  • これからの研修講師に求められる視点、スキル
  • 研修講師は、魅力的な仕事

あとがき

Q&A

なぜ、講師は売り込みをしない方が良いのですか?

講師は先生業です。売り込むと、安く見られてしまう ことも場合よってあるからです。
選んでもらうためのキッカケと続く関係性作りを大事にしてい くことをオススメします。

プレゼンなどの話すスキルやコンテンツさえ備えていれば十 分では?

いいえ。10年以上前まではそれでも大丈夫だったかも しれません。
しかし、講師を目指す方が増え、また講師に対するニーズも多様化・進化した今、
選ばれるためのマーケティングが必要です。

結局は、知名度ってこと?

いいえ。確かに、カリスマ講師のように講師経験が長 く、著書も多く、
著名な方が有利なことも多いのですが、著書もwebサイトもなく年間300日近く
稼働している実力講師も確かに実在します。

セミナー・研修会社を通じると、価格面や情報面でトラブル が多くない?

確かに、エージェントによっては講師費のダンピング やクライアントからの
情報を正しく渡せない営業担当がいるなど、講師にとってはデメリットが
起こることも少なくありません。
一方、クライアント先のポートフォリオ化などメリット はしっかりあります。
詳しくは本書をご覧ください!

著者紹介

原 佳弘
Brew株式会社 代表取締役
中小企業診断 士、セミナー/研修プロデューサー

1973年生まれ、横浜市立大学卒業。2000年、中小企業診断士取 得。その後、セミナー・研修会社に転職。その中で、100人以上の講師・コンサルタントと会い、100 本以上の法人セミナーを実施、100社以上の企業へ営業活動を行う。自らも研修講師、コンサルタント として活動するも、セミナーや研修の企画設計の奥深さと面白さに気付き、裏方のプロデューサーと なることを決意。以来、セミナーや研修プログラムの企画開発と販促マーケティングを専門とする。
2014年5月、Brew株式会社を創業。社名の由来は「人が育つ環境を醸成する=土壌を創る」、「 各人各様の旨みを引き出す」という思いをこめて命名。主に、企業向けの研修サービスを行う他、野 球場のビールの売り子さん等、販売員の分析に関する記事執筆を行っている。

≪書籍紹介 ≫
書名:研修・セミナー講師が企業・研修会社から「選ばれる力」
著者:原 佳弘 著  出版社 同文館出版 A4判 208ページ 定価 1400円(税抜)
ISBN-10: 4495531816 ISBN-13: 978-4495531812  発売日 2015年9月18日

書籍まとめ買い

 書籍のまとめ買いについては

 現在準備中です。

 しばらくお待ちください。