知恵袋コラム

セミナーの知恵袋

セミナーのアンケートとは

5月27日、6月10日と
2種類、合計4回(ダブルヘッダー)で登壇させて頂きました。

「セミナービジネスの始め方、作り方」
「企業研修・法人セミナ講師のマーケティング戦略」
の2つのテーマです。


アンケートを、抜粋してみると
・セミナーの企画から集客、運営まで、体型立てて学べた
・なんとなくやっていた点を、しっかり整理してまとめることができた
・ロジカルかつ感情の使ったプレゼンやテキストなど、講師の伝え方も学びとなった
・「高額講座」を受けたような充実したコンテンツばかりで、ここまで出すのか!と感じた
・120分の内容としてはボリュームが多く、もっと掘り下げて聞いてみたくなった

内容満足度 4.1点/5点満点
講師満足度 4.2点/5点満点

このような、有り難い、貴重なお声を頂戴致しました。
また、秋に自署が出版される際に、自主セミナーを実施する予定です。
よろしかったら、ご参加ご検討くださいませ。


しかし、今回のコラムの主旨はそこではありません。


私が伝えたかった事は
「アンケートを書くことは、参加者のためでもある」
という点です。

学習効果の観点でお話します。

・聞くだけより、見る(視覚)も使った学習
・さらに、見るだけより、話す(ワークなど)の学習機会
・そして、話すだけより、書く(考えて自分の言葉で書く)機会

このように、5感を使って
インプットとアウトプットを効果的に組み合わせる
ことが、重要である、と考えております


アンケートはその点、セミナーに対する評価や感想を書く際に
「あ~今日はこんなことを学んだな」と思い出したり
「テキストや自分のメモを見なおして」振り返ったり
することにより、より学習効果を高めている、良い機会なのです。

つまり、
アンケートは受講生のためでもある
という点がお伝えしたかったのです。


ついつい、参加者のために遠慮して
「アンケートは、書かなくてもいいですよ!」と言いたくなりがちです。

しかし、私は「是非、大事な点だけでも書いて下さい」
とお願いしています。


高額情報商材を売りつけていない!
フロントエンドセミナーでも、ある程度内容を惜しみなく出す!

そんなしっかりとした想いもあるからこそ、アンケートは自信を持って
書いていただくようにしています。

お問い合わせ Brew(株)では、セミナー支援事業を行っております。
詳細は、お気軽にお尋ねください。

Brewの他の研修・コンサルテーマ