知恵袋コラム

企業研修の知恵袋

セミナー講師と研修講師の違い

弊社には、多種多様な「講師」を生業とされている方からの、ご面談、ご相談が舞い込みます。「世の中には、色々な講師がいるんだな」という事を、実感します。

どんな講師がいい、悪い、という話ではなく、いろいろな場面で「講師」という役割を果たす場・ステージがあるのだな、と感じます。

その際、強烈に感じることがあります。

「セミナー講師」と「研修講師」の”違い”が、まだあまり一般的に理解されていなのかな?という点です。

なんとなく、研修講師の方が真面目な話をしていそう、、、とか、セミナー講師の方が短い時間でやっている。あるいは、研修講師の方が地味なイメージで、セミナー講師の方が派手!そんなイメージはあるかもしれません。

講師とは一般的に「お話する」「お伝えする」ことが主な機能かと思いますが、その違いについて、今一度、内省を含めて検討してみたいと思います。


セミナー(講演)講師は、聴講者・受講生が、「主体性ある方」が大半でしょう。つまり、自主的にセミナーに参加してきた、あるいは自分自身で意思決定ができる立場の方が、セミナーに参加している、ということです。

受講生像を、具体的に言えば
・経営者
・何かのプロとして更にレベルアップを考えている方
・何かに困っている当事者
ということになるでしょう。

自分でセミナーへの参加意思決定をし、自身の課題を解決しに来ている、ということです。つまり、前向きな気持ちで参加しています。


では、どんな話の内容やスキルが求められるか、と言うと
「実際にすぐに取り掛かれる話」
「成功へのポイント」
というロジック・内容に加え、
「出来ていなかったけど、出来るようになった話」
「色々苦労した話」
など、感情に訴える点も有効です。自主的に参加しているからこそ、参加者は、話を聞く態勢はできています。いかに、論理と感情面の両方で、訴求できるスキルを持っているか、が鍵となるでしょう。


一方、研修講師はどうか。受講生は会社の社員などであることが多いですよね。つまり、人事部や企画部門などが企画して実施している研修に、参加している(させられている)のです。企画者と参加者が別である、これは大きな違いです。自主的に参加していない、ということは、何か受講生に対する仕掛けが必要なのです。

では、「研修講師」には、どんな話が求められるか、
「再現性あるステップ、ポイント」
「具体的な、方法論=明日からやれること」
というロジックに基づいた再現性ある内容がまず必要でしょう。「あ、それが必要なんだ」と必要性も論理的に説明してあげる必要があります。「内容」だけでなく「必要性」や「効果」が完結明快に整理されている事です。

その上、重要なことは
「個人個人がひっかかっているボトルネック」を理解し、
「やってみよう!」という心を開かせるなど、マインド・モチベーションに関わる部分に対する仕掛けが必要なのです。自主的に参加しているのではないため、この部分に対する「つかみ」「共感」「対話」といったスキルが要求されてきます。



このように、同じ「講師」という役割でも求められる機能・スキルが大きく異なるのです。同じように「話す、伝える」ことは大事なのですが、より具体的に求められているものは大きく異なるのでしょう。

昨年発刊した、拙著「研修・セミナー講師が、企業・研修会社から”選ばれる力”」にも、講演、セミナー、そして研修の違い、をまとめてみました。そこでは、講義時間や参加者人数などの違いを図式化してみました。

もう一歩突っ込んで、この講師に求められる、機能・スキルまで理解して登壇できるかどうか、ここが大きな鍵ではないでしょうか。
お問い合わせ Brew(株)では、企業研修を行っております。
詳細は、お気軽にお尋ねください。

Brewの他の研修・コンサルテーマ