知恵袋コラム

セミナーの知恵袋

セミナーのプロデュースとは?

弊社では、いくつかの施設や企業のセミナープロデュースを行っております。


セミナープロデュースって何?何するの?
とお感じになると思うので簡単に説明しますね。

セミナーはプロデュサーがいなくても実施できます。
会場をとって、案内文作って、集客できれば、OKですよね。
 
ただし、2つの視点からプロデュサーが入る価値、意味が有ると思っています。

【1】主催者の目的がある場合

セミナー登壇者とは別に、主催者(多くは会場提供者)が何らかの意図があって、セミナー開催をしている場合。
 
弊社はこのお手伝いが多いのです。

例えば
・シェアオフィスが入居者を増やしたいとか
・企業が、新商品の告知販促を行いたいとか
・ある人物が、コミュニティーを作りたいとか

そんな目的がある場合は、その目的意図に沿ってプロデュースするのです。

「対象者がより多く来場する!」
「より濃いターゲットが集まる!」
「参加者の声が聴ける!」
というような目的を達成できるように、セミナーの全体を設計するのです。

セミナーを通じて、

 【2】講師がセミナー初心者の場合

これは、もう明白ですね。
会場確保から、セミナーコンセプト作りなど、入り口から
セミナータイトル、プログラム、案内文、バナー、写真、など事前準備にあたるもの
当日の環境作り、司会、講師立ち回り、スライド作成
セミナー後のフォロー体制、仕方など・・・
これらを、プロデューサーがバックアップ、アドバイス、支援するのです。

【3】講師が自分のやり方を見直したい時

こういうケースも最近はよくご依頼いただきます。
過去自分なりに工夫して、それなりに成果を出してやってきた。
セミナー自体の評価は悪くないし、セミナー後のバックエンドも売れる。

しかし、何かが足りない、成長が止まってしまった。
それは、コンテンツなのか、デリバリー(プレゼン、ファシリ)なのか
セミナーの全体コンセプトなのか、あるいは集客などのシステムなのか
何かに課題意識を感じて、プロデューサーに相談する。

こんなケースもある。


セミナーは講師1人でも出来る。
ただし、初めての時、何か目的があって開催する場合、見直したい時
そんなときには、是非プロデューサーに相談してみるのも良いだろう

お問い合わせ Brew(株)では、セミナー支援事業を行っております。
詳細は、お気軽にお尋ねください。

Brewの他の研修・コンサルテーマ