1on1の実施で退職率が上昇!?部下は気づいている「やらかし1on1」 〜事例からみる質の高い1on1実現の秘訣〜【EDGE×Brew共催 無料セミナー】

日時:2022年07月6日 15:00 ~ 16:00
場所:オンライン(zoomウェビナー)

昨今、1on1を制度化し、取り組んでいる企業が増えてきています。
1on1はメンバーの成長を支援し、組織の生産性を高めたり、あるいは離職の防止につながったりと、経営上の大きなメリットが存在します。

一方、「流行っているから」「他社でもやっているから」といった無目的の導入、制度化だけ行い運用はマネージャー任せといった現場任せの運用管理では、1on1は逆効果となってしまいます。
実際に多くの企業で、逆効果となる「やらかし1on1」が行われています。
ではなぜこのような「やらかし1on1」が横行しているのでしょうか。

一般的に1on1は上司と部下の間で行われることが多いため、部下は上司に忖度し、特にネガティブなフィードバックを含む場合に、1on1の改善点について本音を話しづらいという点が挙げられます。
また上司の認知バイアスによる過大な自己評価が行われやすい点、あるいは扱うトピックの秘匿性の高さから第三者が介入し客観的にフィードバックを行うことが難しいことなどから、1on1の実態について正しく捉えることが難しく、「やらかし1on1」に気づけないのです。

質の高い1on1の実現には、自分自身の1on1を正しく把握した上で課題を明らかにし、改善につなげていくことが最も重要です。

本セミナーでは、”やりっぱなしにしない「行動変容型」研修”で多くの企業様の1on1を改善されている研修のプロフェッショナルであるBrew株式会社と、音声データから定量的な指標を持って1on1改善をご支援するEDGEが共催します。
「1on1の実施で退職率が上昇!?部下は気づいている「やらかし1on1」」と題し、現場で起こっている「やらかし1on1」の実態に迫り、更には1on1の質を高める道筋と1on1成功への3つのポイントを紹介します。

1on1の制度化や現場への定着を図る役割の方、1on1を実践している上司の方などにお勧めのセミナーです。

こんな方におすすめ

・2022年度の夏~冬のリアル展示会へ出展予定の展示会担当者様
・リアル展示会に初出展、またはコロナ禍で初出展を考えている企業の展示会担当者様
・これまで出展しているが集客や商談につながらない、とお悩みの展示会担当者様
・マーケティング、広報、営業部門の展示会責任者、担当者。中小企業の経営者、展示会責任者

講師紹介

磯野 茂

一般社団法人日本伴走家協会 代表理事
伴走家®

1970年生まれ、埼玉県川口市出身。
大学(夜間部)に在学中、総合建設会社(A社)の技術研究所にて研究員助手として働く。
大学卒業後、総合建設会社(B社)にて土木技術者としてダムや大型テーマパークなどの建設工事に9年間従事。
その後、マネジメント団体「一般社団法人日本能率協会」へ入職。経営幹部・管理監督者・技術者の育成、工場管理改善などの研修企画に16年間従事。
2018年に独立し、企業・自治体等での研修講師・講演活動を開始。
アドラー心理学をベースとしたカウンセリング・コーチングの理論や技法を用いたアプローチを特徴とし、主に管理職・リーダー向けの研修を行う。
更には、知的・発達障害のある人たちへのランニング指導やマラソン大会における伴走サポートを行い、スポーツ活動を通じて障害のある人たちの自律と社会参加を支援している。
伴に走る伴走、その人の人生全体を応援する伴走型支援という自身の活動の在り方・信念を現した肩書「伴走家」は磯野茂の登録商標。

原 佳弘

Brew株式会社 代表取締役
中小企業診断士
組織発酵学®プロデューサー
KAIHENTAI隊長

1973年生まれ。横浜市立大学卒業。中小企業診断士(2000年登録)
(旧)建設省所管の建設市場調査機関に入社。経営企画室で中期事業計画やISO取得などの業務担当。中小企業診断士の資格を取得した後、転職。大企業向けに、マーケティングコンサルティング、人材育成を行う(株)マーケティング研究協会に入社。企業のマーケティング戦略立案、新商品開発プロジェクト、人材育成などのコンサルティングや研修講師を担当。
2014年5月、Brew(株)設立。日本企業の変革や人材力の向上をビジョンとし、大手企業からベンチャー企業まで、ビジネススキルの研修や人材育成コンサルティングを提供。
2020年、「そこまでやるか!」の変革・挑戦スピリットを持った社外の仲間達と「KAIHENTAI(改変隊)」を立ち上げる。以来、2年間で起業家、事業者、コンサルタントなど、メンバーは日本全国から80名に。
2021年、Brewオリジナルコンテンツとなる「組織発酵学®」を開発。自律・イノベーション人材育成、組織の活性化・ダイバーシティ化のために、人の発酵、組織の発酵を提唱している。

開催概要

開催日時

2022年07月6日 15:00 ~ 16:00

プログラム

第1部:「データから見えた、ダメな1on1で起こっていること」(解説:EDGE 佐原氏)

第2部:「ズバリ、1on1ミーティングを成功させる3段階」(解説:磯野講師)

第3部:パネルディスカッション      

第4部:質疑応答 + アンケート回答

開催場所

オンライン(zoomウェビナー)

参加費用

無料

注意事項

・最大定員 定員:100名 (先着順で受付いたします)
・同業者様のご参加は遠慮いただいております
・お申込み後のキャンセルは、開催2日前までとさせて頂きます